御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオブック- 僕は君たちに武器を配りたい-(瀧本哲史 著)

僕は君たちに武器を配りたい


先日のリハビリ遠征で聞いたオーデォブックです。

【読み取った内容】
これからの日本で生き残るには、自分自身の価値を高めて市場に売ること。自分の価値は希少性が高いほど有利。
-自分にとってのブルーオーシャンを探せ-


【説明】
著者は、東京大学からマッキンゼーで活動されていたという超エリートの方です。

まず、「コモディティ」を意識することを何度も言っています。

「コモディティ」とは希少性が無くなり、みーんな同じになって日用品みたくなってしまうことを言うそうです。

ちょっと前までは、IT、会計、英語を身につけようとか、MBA取ろうとか、一生懸命勉強してそれらのスキル
を上げることが、自分の価値を上げることだったのですが、MBAが取りやすくなり、MBA取得者が大勢いる今となっては、MBAは「コモディティ」化してそれだけでは価値がないと言っています。

また、IT、会計、英語も同様で、TOEIC等で高得点を取ってもそれだけでは意味がなく、英語ができた上で何か希少価値があることをしなければ「コモディティ」化すると言っています。

では、どうやって希少価値を生み出すのかというと、まず仕事を5つに分類して説明をしています。

1.トレーダ:商品を遠方に運び売る人

2.エキスパート:専門性の高いスキルで仕事をする人

3.マーケタ:商品に付加価値をつけて、市場に売る人

4.イノベータ:変革や新しい仕組みでイノベーションする人

5.リーダ:起業家としてみんなをマネジメントするひと人

6.インベスタ(投資家):投資家な人

このうち、トレーダとエキスパートは希少性がなくなり「コモディティ」化すると言っています。

マーケタ、イノベータ、リーダ、インベスタを複合的に組み合わせて、市場に対して希少性を見いだすように言っていますが、インベスタを強調的に説明していました。

新聞などで強調的に記事になっているコトは、もはや「コモディティ」化しており、それに踊らされずにインベスタな目線で物事を考えるように言っています。


【所感】
自分が敬愛する勝間さんとおなじようなコトを言っているように感じました。

ブルーオーシャンを探せってことです。

資格取得やお勉強は良いことですが、反面、現実逃避とも考えられます。

資格取得しても、知識が増えても、現実は何も変わりません。

大事なのは、どう行動するかですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okachimachi.blog85.fc2.com/tb.php/978-5210f9ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。