御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオブック -ハッピーバースディ-&-賢者の言葉-

ぐっと冷え込んできましたね。

つい、一月前までは、片道200km以上の紅葉遠征でしたが、

今ではもう、とても楽ちんな紅葉遠征の時期です。

川
でも、気を抜いてはいけません。濡れた石に滑って川に落ち、軽く流されてしまいました

・・・良かった浅くって。機材も無事でした

さて、その楽ちん遠征で、聴いたオーディオブックのご紹介です。

ハッピーバースデー



1)ジャンル:フィクション、児童書

2)テーマ:親が行う心理的虐待

3)心に響いたことや思ったこと
 ○大地も樹木も虫も人も大自然という命の中で生きている仲間。同じだということ。
 ○大切なのは、人への思いやりや労る心。
 ○人に喜ばれる仕事をしたいと思った。 

4)独断的所感
いや、なんとも。これは泣けます。泣けます。泣けます!

連続して3回聴きました!!

ストーリを詳しく書いてしまうと、これから聴く人には申し訳ないので書けませんが、
内容は、テーマに書いたように親が行う心理的虐待のの児童書を大人版として加筆したものです。

この児童書は、子供だけではなく父兄や先生などの周囲の大人達が読むようになり、広がっていったそうです。

親が子に『あんたなんか生まなきゃ良かった』なんて絶対言ってはダメです!

植物や動物、この世の命に生まれてこない方が良かったものなんてありません。

風景写真撮るようになって、いつも生命の営みには驚かされているので、よく判ります。

そして、『陰湿な現代のいじめ』は、絶対にダメです!

心が殺伐となったとき人を労る気持ち、思いやる気持ちを取り戻したい時にどうぞ。

謙虚になることもできますし、心が洗われピュアになります。



P.S
-『あんたなんか生まなきゃ良かった』のセリフを聞いたとき、昔、親から『あんたの育て方間違った』と言われたことを思い出しました(爆)。

-これは金の星社が児童書として発刊したものです。 金の星社・・・聞いたことある住所だなと思い調べると御徒町でした。
そうです、ウチのすぐ近くでこの出版社知っておりました。
何かの縁がありそうですね。




賢者の言葉




1)ジャンル:行き方・人生論

2)テーマ:現代のトップリーダの言葉

3)心に響いたことや思ったこと
  ○20世紀は情報の時代、21世紀は人間力の時代

4)独断的所感
遠征移動の作品としては、多少聞きづらかったです。

トップリーダ数人の言葉が登場しますが、共通して言っていることは、『これからは原点回帰して本来ある人間力が必要だ』
ということです。

文明や文化が急成長した時代は、終わったのかもしれません。

人に貢献したり、他人を労るという、本来人間に備わっている当たり前のことが、今の時代には一番大事だと理解をしました。

我々は、急成長に振り回されて足下を見ていなかったのでしょうね、きっと。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okachimachi.blog85.fc2.com/tb.php/920-be7fe85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。