御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

久々に面白い本に出会えました。

初めて野球部のマネージャーになった女子高生が、初めてなので書籍で勉強しようと間違えて買ってしまった『マネジメント』。このようなストーリーで始まっていきます。

この本の一番の特長は、面白い物語を読みながらドラッカーの『マネジメント』が短時間で学べてしまうということです。以下、この本を通じて学んだことです。

-自らの組織に特有の使命を果たすこと
自分の事業を定義する。その際『顧客は誰か』を明確にする。事業の定義ができたら事業の目標を決める。

-仕事を通じて働く人を生かす
ただ事業の目標を遂行すれば良いだけではダメ。働く人達の強みや欲求を理解して、やり甲斐のある仕事をしてもらい『人を生かす』。

-自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する
『自分達だけが良ければ・・・』ではない。社会に貢献して初めて自分達も生きる。

そしてマネジャの資質についてドラッカーはこう言っている。
『・・・始めから身につけていなければならない資質が、一つだけある。才能ではない。真摯さである。』



『人を生かして社会に貢献する』とても感銘を受けました。マネジメントのキモですね。そして、自分の『真摯さ』はとても怪しいと思いました(笑)。

ストーリーが複雑でなく文体もとても読みやすいです。ドラマ性もあり物語としても、とても面白い。ドラマツルギーがとても秀逸な力作だと思います。

きっと一気に読めてしまうと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okachimachi.blog85.fc2.com/tb.php/585-751e3a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。