御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名刺作成

週末に写真業界の方達とご一緒できるバーティに参加させて頂くことになりました。

ドキドキなんですがワクワクです。

先日、薬師の先輩から「名刺作っておいた方がよいよ。パーティで先方から名刺頂いたら、渡せないと失礼だし。」
と言われ、それもそうだなと作成することにしました。

・・・で、今、非常に悩んでいるのです。

この名刺、本名にするか『おかちまちたろ』にするか(爆)。

『写団薬師 おかちまちたろ』って名刺に入れたら、先生に怒られるかなぁ。

これからも、『おかちまちたろ』でガンバっていこうと思っているので、名刺もそうしようとは思うのですが・・・。

こんなに悩むなら、いっそ本名を『おかちまちたろ』にしてしまおうか・・・。

でも、改名するには時間がないよな。

それに、改名して会社で『おかちまち君、この資料を作ってくれたまえ。』って言われるのはイヤすぎる。
 
・・・なんて、バカなこと考えてます。

はぁぁぁぁ。せめて一作品でもフォトコンに入選していたらよかったのだけどなぁ。
スポンサーサイト

NATURE PHOTO AID 2011 未来への光

NPA 未来への光 
米先生達同世代写真家8名がチャリティー写真展を開催します。

協賛はなく、全て8名の写真家が自費で開催するものです。

モノを販売して義援金を集めるのではありません。

写真展の作品を見て、写真作家達の意図に共感できたら募金をして頂きたいそうです。


『それでも自然は人の心を癒やしてくれるかけがえのないものだと信じています。美しい自然の姿を見て頂き、このチャリティーに参加して頂けたら幸せです。』(米 美知子先生 パンフレットより)


期間:2011年6月30日(木)~7月6日(水)※日曜・祝日休館

時間:10:00~8:00(土 11:00~17:00、最終日は15:00まで)

場所:フォトギャラリーキタムラ

みなかみプチ旅行~5DMARKⅡはお留守番~ その2

駐車場に戻ってみると、タンポポが咲き乱れている一角を発見!


一の倉沢11
確かタンポポって、花が反っているのが西洋タンポポ。凹んでいるのが、日本本来のタンポポと聞いたことがありました。

家に帰って調べてみると、黄色いはなびらの下の部分が反っているかどうかでした(汗;

下から撮ってないから判らないや~。


一の倉沢10
横からのもあるけど判らず~。

あぁ、でもブレ気にせずバシバシ手持ちで撮るのもお手軽でいいなぁ。

しかも久しぶりに絞り開放での撮影。

ニコンのシャッター音が心地良くバシャバシャ撮ってしまいます^^。



一の倉沢14
そして車でフラフラさまよっていたら、こんな銅像を発見しました。

『山の鎮の像』というらしいです。

彫刻家の知人が谷川岳で遭難されたのを悼み、昭和15年に交流したそうです。

谷川岳って遭難が多いのですね・・・・そうなんだ・・・m(_ _;)m



一の倉沢15
この像の辺りも小さくてかわいいお花が咲いていたので、寝転んでバシャバシャ撮っていました。

天気が良かったので寝転ぶと地面がとても暖かで、草の良い香りもしてとても気持ち良かったな!


土合駅3
またフラフラ車でさまよっていると、こんな駅を発見。

日本一のモグラとな~。


土合駅1
土合駅2
辺りは水がとても綺麗な川が流れていました。

何がモグラなんだろう?



土合駅4
早速中に入ることにします。左の長岡・新潟方面へ。


土合駅5
おお~。フォトジェニックな通路だっ!


土合駅6
むむっ。まだまだ続く通路・・・。


土合駅7
そして、謎の462の数字・・・。

あれ、ホームにまだ辿りつけないぞ・・。


土合駅8
いゃゃゃぁぁ~!この階段の向こうにホームのあるのかしら。

危険な香りがしたので、そそくさと引き返して来ました。

家に帰って調べてみると、70mの深さがあったのですね。行かなくって良かったです。


でも、こうやって撮影抜きでの旅行も楽しいですね。

満喫した一日でした。


・・・この次の日にばあちゃんの訃報が来たのだったっけ(><)。

おしまい。

みなかみプチ旅行~5DMARKⅡはお留守番~ その1

いつも使っているトクーから、超格安で温泉旅館宿泊をゲットしました。

場所は水上。時は6月上旬。

色々調べたけど、自分の情報収集能力では、この時期この辺りの撮影スポットになりそうな場所が見つかりません。

思案した挙げ句、達した結論は『別に撮影しに行かなくてもいいじゃん!』です(笑)。

タマには撮影以外で、のんびり過ごすのも良いかもしれませんね。


食事 食事
コストパフォーマンスがとても良かったです。

この夕食を含めた一泊二食付き、しかも飲み放題で¥6,000~7,000位でした。

飲み放題の内容は、ビール、焼酎、日本酒(地酒)etc,etc・・・。

普段撮影だとお酒飲めないのでガブガブ。

飲み放題と聞いてガブカブガブガブ。

おかげで、夜は大爆睡です。


温泉も何回か入ってすっかり堪能した後は、水上辺りをロケハンがてらドライブです。

ロケハンの地で行きたかったのは、一の倉沢。

ここを目指してゴー!



一の倉沢2
一の倉沢の手前にマチガ沢と言う場所がありました。

説明板に書いてありました。

『越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉はマチガ沢の由来といわれています。』

・・・うむむ。


一の倉沢4
マチガ沢から少し奥へ移動すると、一の倉沢に到着します。

実際に見て判りました。

一の倉沢ってこれだけなのですね。

この風景の写真はよく見ますが、ほんの一部を撮影されているのかと思っていました。


一の倉沢5
300mmで寄ってみました。雪が結構残っています。


一の倉沢6
おぉ~。上の方には滝が流れている!ここって、登っていけるのかしら?


・・・ニコンのカメラにニコンの望遠つけて撮ったの久しぶりですけど楽だ~。

AFがつかえる、VRが利く、そして手持ちで楽ちんです。



一の倉沢
意外と見るところが少なかったです。

マイナスイオンもたっぷり浴びたので、ドコかいこうかな~って思ったらカワイイの発見!

・・・で、続きます。

お鎌池で遊ばれて-その2-

撮影とブログが追いつきません。記事ネタが貯まるばかりです^^;。

ちょっと、スピードアップで続きをば・・・。



鎌池~隠居池6
この辺りは、改めて辺りを見るとまだ一面に雪が残っていました。

ホントに日本は広い!・・・っても5月末の話だけど

さすがに今は残雪なんて消えてなくなっているでしょうね。


鎌池~隠居池1
雨の為か気温の為か、はたまた雪が気化しているのか、霧が至るとこに漂っています。

新緑の薄緑と残雪の白が、霧のベールに包まれてとても幻想的でした。

ここは日本ではないみたいでした。いや、現実の場所ではない感覚でした。



鎌池~隠居池2
写真を撮るより見ていたくなる風景でした。

人っ子1人いない場所で、なんて贅沢な時間なんだろう。

こんなヘタレな写真でも何だか上手く感じてしまいます。



鎌池~隠居池3
下を向いて探すと、ふきのとうが芽吹いています。

何でもありの世界だ~。



鎌池~隠居池4
根開きでもない、これは何ていうのかな。

土開きとか・・・。違うか。



鎌池~隠居池5
見上げても、霧・霧・霧。

課題を間違わないで、もっと霧の写真を撮りまくればよかったなぁ。



鎌池5
おまけ~。

鎌池ほとりに、こんなお店がありました。

風景写真のメッカなのですね。

お鎌池に遊んでもらった一日でした!

5月末の遠征です。約1ヶ月前のお話でした~。


お鎌池で遊ばれて-その1-

ちょこちょこ遠征にも行っているのだけれど、いろいろな出来事があって、記事がすっかり貯まってしまいました。

さぁ、行ってみよ~。


・・・この遠征は5月下旬のお話。

それは、薬師東京写真展で受付当番の日のこと。

いつも、例会の短時間しかお話出来ない諸先輩達と、いろーんな、いろーーんなお話をさせて頂きました。

その日の夜から遠征に行くと話したら、紹介してくれたのがカマ池。

何でも、残雪とブナがとっても良いらしい。

「いいよぉ~、カマ池いいよ~。」と言う先輩達の口調がホントに良さそうで、ノリノリで行く気になりました。

が、如何せん初めての地。受付当番終わって、ダッシュでレンタカー借りて、あれこれカマ池のこと調べていたら、あっという間に時間が経ってしまい、何とか出発できたのが22時近く。

夜、しかも雨の中の走行だったので、視界がとても悪くスピード出さずに運転していったら、ゴール付近で明るくなって来ちゃいました。

結局、300kmを6時間近くかけて走り、やっとこ到着。い、いそげっ!


鎌池1
あぁ、もうこんなに明るくなってきているっ。慌ててシャッターを切る。


鎌池2
もう闇雲です。


あっと言う間に明るくなってしまいました。

悔やんでもしょうがないので、辺りを散策することに。


鎌池3
これがカマ池か。


霧がずっと残っていました。時間が経つにつれ、霧が深かくなったり、辺りが晴れたり、楽しい所です。

あーあ、課題を勘違いしないで、正確に覚えておけば良かった。

今回の課題は『雨・霧』だったのだけど、『霧』ではなくて『霞』かと思ってたのです。

霧と霞の違いを辞書で調べて、撮るものを『霞』にするかにするか思案して、『雨』にしたのでした。

例会当日に先生達が『霧』と言ってたのを聞いて、初めて気がつきました。

良かった『霞』の写真を持って行かなくて。・・・・でも、くやしーー!


鎌池4
雨を撮ろうと思ったけど、どうやったら雨って判るのだろう。

難しいですね。


隠居池1
カマ池から場所を移して、隠居池に行きました。

こんな写真だと同じようですけど、いや、とっても感動的でした、隠居池!



隠居池2
少し急な斜面があるのですが、幻想的な雰囲気に引き寄せられるように斜面を下りて行ってしまいました。

いや、ブナっていいなぁ。霧ってサイコー。



隠居池3
・・・でも、ここホントに隠居池だよね^^;。

今回のカマ池は『写真撮っている人が少ないかも』との諸先輩達の予測もあり行ったのです。

そして『隠居池の場所が判らなければ、その辺にいる人に聞くといい』って言われていました。

実際行ってみたら予想が大当たりすぎて、人っ子ひとり誰ぁれもいません。

隠居池の確認できないまま撮って来たので、一抹の不安がありまする。


まだ、続きます!

写真展作品の保管方法

作品保管
写真展に展示していた作品が、帰ってきました。

生まれて初めての全紙サイズ。

リモートコード使わずにシャッター操作した滝の写真。全紙にして初めてブレているのがよく判りました。

これからは、今まで以上にブレには気をつけるように致します。


さて、この作品達どうやって保管していったら良いモノなのか・・・。

耐候性を考えて、何かに入れて保存したいのだけど。うーーーむ。



作品保管
で、これ発見(爆)!

なんと、45Lのゴミ袋に丁度よい大きさです。

ゴミ袋ってのが、ちょっと引っかかるけど。でも、家庭にあるグッズで保管できます!

ブログ用の写真を撮るため、慌てて出し入れしていたら、袋の端っこが破れちゃいました。

後で、入れ直しておきます。


保存する前に、ちょっとだけ部屋に飾ったりしています。

ヘタレの作品だけど、大きい写真でいいわぁ(自画自賛)。

薬師の方達はどうやって保管しているのだろう。

GITZO GT3541XLSげっとぉぉ!

書こうかどうか迷いましたが、一応、記録として書いておきます。

先週一週間は、とてもバタバタした週でした。

月曜日の夜、享年102歳になる祖母の突然の急逝連絡。

火曜日に遺体を確認しに病院へ行き、実家に運ぶ。

そこで、葬儀の打ち合わせ。

水曜日、木曜日にお通夜、告別式となり、慌ただしい週となりました。

49日かけて、天国へ旅立つ支度に立ち会ったのは生まれて初めて。

ホント『送る』のですね。とても良い勉強になりました。



ばあちゃん、お疲れ様でした。そして、ありがとう。




・・・ばあちゃんが背中を押してくれているのか、最近モノを買ってます。

今回、入手したのはこれ!

ジッツオ三脚
念願の三脚!

以前、前川先生から「三脚が短い。身体に合っていない。」と言われ気になっていたことです。

確かに、いつも中腰になって写真を撮っていて疲れます。

いつか自分の身体プラスαの高さの三脚を、購入しようと思っていました。


ふと気がつけば今、一ドル80円前後の超円高!

この期を逃さないぞとばかりに、輸入開始!

そう、輸入です。

三脚は精密機械ではありません。それにジッツオの三脚は海外メーカ。

円高の時に海外から購入すれば、格安で買えることができます。

今回購入したのは、ここ

三脚代$899.99+手数料$46.06=$946.05でした。

1ドル81円として$946.05×¥81=¥76,630 これに税金¥2,100かかって締めて¥78,730

8万円しないでジッツオ三脚を購入できた(多分)。わ~い!


ジッツオ三脚
以前の三脚より、少し重たくなりました。

でも、かがまないで写真が撮れるなんて、なんて楽なんでしょう(爆)。

よ~し、これで撮りにいくぞ~。

・・・あぁ、でも○○○買わなくちゃ(謎)。



第5回 写団薬師町田教室写真展 『ときのながれ』

あっと言う間に東京教室の写真展が終わりです。

自分の作品を自宅に送る手続きしに、富士フォトギャラリー調布へ原チャリで行きました。

そしたらば・・・白バイに捕まってしまいました。 罰金10,000円。

『この罰金が被災地へ届くかもしれない』と考えるようにしてるのだけど、やっぱり悔しい。


と、グチッてないで告知をば。次は町田教室の写真展です!


写団薬師町田教室写真展
第5回 写団薬師多摩教室写真展 『ときのながれ』

場所:町田市立国際版画美術館

期間:2011年6月14日(火)~6月19日(日)
初日12:00より 10:00~17:00 最終日16:00まで


カラープロファイルの3D化

2~3ヶ月まえ、カラープロファイルを3D化して直感的に見ることができるという情報を入手しました。

その時は、『ふ~ん』って感じだったのです。

が、インクジェットプリンタのドライバをダウンロードして3D化すれば持っていないプリンタ同士の比較ができますよね。

それって、プリンタ購入前にとっても参考になると思います。

今回、XPマシンでやってみました。興味ある方はこちらを参考にして下さい。


それでは早速比較してみます。うふふ。



pm960_pro9000mk2.JPG
pm960_pro9000mk2_2.JPG
カラー色しているのが、現在所有しているMP960。グレーがPro9000。

ブルーやマゼンダ系の際の方はMP960が勝っていますが、その他はPro9000が勝っています。

でも、MP960ってPro9000より強い部分があるのですね。

ブルーやマゼンダ系が多い写真プリントには、積極的にMP960を使用していこうかな。



pro9000_pro9000mk2_1.jpg
そして、これがPro9000とPro9000MarkⅡの比較。

カラープロファイル的には全然違いないです。

Pro9500とPro9500MarkⅡの比較も同様に変わりなし。

そう思ってはいるものの、こうやって実際見ると『おぉ~。』と納得してしまいます。



pro9500mr2_pro9000mk2_1.jpg
pro9500mr2_pro9000mk2_2.jpg
Pro9500MarkⅡとPro9000MarkⅡの比較。

Pro9500MarkⅡはグリーン系に強いのですね。




gx-5300_pro9500mk2_1
gx-5300_pro9500mk2_2

Pro9500MarkⅡとGX-5300との比較。

Pro9500MarkⅡはグリーン系強いけれども、それ以外はGX-5300の勝ち。

なんだかPro9500MarkⅡ+Pro9000MarkⅡでGX-5300にどれだけ対抗できるかって印象をもちました。


この、カラープロファイルはプリンタ+紙のICCで比較するので、プリンタの性能比較だけとは限りません。


いゃぁ、一番の収穫はPro9000とPro9000MarkⅡのICCに違いないってことでした。


・・・と、いうワケで、いつの間にかプリンタ3台に・・・

写団薬師・東京教室写真展 2011年第5回『ときのながれ』のお知らせ

写団薬師・東京教室写真展
☆写団薬師・東京教室写真展 第5回『ときのながれ』

☆会期:2011年5月27日(金)~2011年6月8日(水)

☆時間:(月~金)10:00~18:00(6/8最終日は10:00から15:00まで)
   (土日祭)11:00~17:00

☆場所:富士フォトギャラリー調布

☆入場無料 
 

つ、ついにこの告知をする時が来ました

写団薬師・東京教室写真展 第5回『ときのながれ』が開催されます。

自分も生まれて初めて2点出展致します。

しかも、全紙サイズ(457mm×560mm)でっす!

全紙サイズってA3ノビ(329mm×483mm)よりも大きくて、当然、生まれて初めてのプリントサイズです。お、恐ろしい~。作品のツメの甘さがあちこち目立ちます


・・・思えば、去年の多摩教室の写真展会場を訪問して、写団薬師に入ったのでした。

その時、展示してある多摩教室の皆さんの写真を拝見しながら、「いつかこの中に入りたいなぁ。」と思っていました。

あれから1年経ちます。
そっか、まだ1年しかいないんだ。なんか、もう、ずっといる気がしてます

果たしてウデが上がったかは定かではありませんが、晴れて諸先輩と一緒に写真展の末席に展示して頂くことになりました。

うれぴー!


都心からは少し離れますが、新宿から30分程度で現地に到着致します。

風景写真が好きなアナタ!諸先輩達の作品を是非ご覧になって下さい。(自分のは見なくて良いです。)


開催終了までトップ記事にしておきます。

梅ケ瀬渓谷で川遊びっ -その3-

梅ケ瀬渓谷の最終~! ではでは!

梅ケ瀬渓谷
歩道に上がろうと、川岸に向かうとこんなお花が。

何だろうこれ。ユキヤナギみたいだ。



梅ケ瀬渓谷
おぉ、藤が流れている。

川岸には落ちたお花が結構あるなぁ。

ずっとグリーンとブルーとちょっとブラウンだらけだったので、藤の色がとても新鮮!

ずっと中腰だったので、ゆっくりと腰を伸ばして、しばし休憩。



しかし、水の中で撮っていると、土の中に三脚が潜ってしまうので、ただでさえ短い三脚がもっと短くなる。

中腰でずっと撮っているので腰がイタイ。

自分の持っている三脚は少し短い。足をイッパイに伸ばした状態でエレベータを10cm程上げなければ目線にこない。

今回、雲台をハスキー3Dヘッドに取り替えたので、少し背が高くなったが、それでもまだ低い。

以前前川先生から『体にあってないな。』と言われて以来、いつか何とかしようと思っている。

どうしてそんな三脚を買ったかといえば、『高低の微調整はエレベータでする』と何かで読んだからだ。

まっ、限定販売につられて買ってしまったのもあるけど、風景写真撮る以前の話だ。

今はエレベータを使っていない。



梅ケ瀬渓谷
まだ歩道に上がらず、コシを伸ばしながら川岸を歩いていたら葉っぱ達に遭遇。

整列している葉っぱ達に何故か惹かれる。何故だろう。ビッシリの割には整然しているからかな?



梅ケ瀬渓谷
そして、よっこらしょと岸に上がって、歩道をあるく。

ジャブジャブと進む川の中と違って、新緑の緑と森の香りが心地よい。

自然に癒されていると新ためて感じる。



梅ケ瀬渓谷
遙か向こうのガケに可憐な花発見。


周りの葉っぱ『ゲフゲフゲフ、もう逃げ道はないぜ。』
可憐な花  『たとえこの身は消えようとも、私のこの意志は、わが子が、王子が必ず継いてくれるのです。』
周りの葉っぱ『しゃらくせいっ。(ズバッ)(ブピュッ)』
可憐な花  『きゃぁぁぁぁ。』

・・・イカンイカン、妄想してた。口開けながらボーと花を見てた^^;


梅ケ瀬渓谷
おぉ、山藤発見!

この子を撮りたかった!

今まで山藤は、高速道路を走る車の中からしか見たことが無かったので、とても嬉しい。

しかも歩道を歩くとアチコチに山藤が咲いているではないですか!

梅ケ瀬渓谷って様々なシーンがあってとても楽しい場所だ。


アチコチ寄り道しながら撮っていたので、梅ケ瀬渓谷の最後まで行けずにタイムオーバー。

また次回に取っておこうっと。

梅ケ瀬渓谷記事、これでおしまい!

道具は使いやすいのが便利ですね。ウフフ。


梅ケ瀬渓谷で川遊びっ -その2-

さて、続きです。

道なき道をジャブジャブと歩いて行くと、足下に沢ガニとかメダカとかアメンボとかが、気持ち良さそうにしていました。


梅ケ瀬渓谷
負けじと、空の写り込みがメダカのように泳いでいる風に写そうと四苦八苦!

見えるでしょメダカ!、泳いでいるでしょメダカ!! ・・・無理か。自己暗示にかけないとメダカに見えん



梅ケ瀬渓谷
でも、面白いなぁ。ジャブジャブ川の中を歩いていると、いろんな色と出合う(←だジャレではありませぬ。)。

空と緑がとっても綺麗に川に溶け込んでいました。

その度にああでもない、こうでもないと思いながら撮っているのであっという間に時間が過ぎていきます。



梅ケ瀬渓谷
この日は人が少なかったので、ゆっくり撮ることができました。ホント自然は素晴らしいですね。自然に感謝です。


梅ケ瀬渓谷
同じようなものでも、空と緑が溶け込んでいる場所を見つけると、つい、撮ってしまいます。



梅ケ瀬渓谷
さてさて、そろそろ歩道へ上がってみるとしますか。


何があるのかな~・・・というわけでまだ続く!


梅ケ瀬渓谷で川遊びっ -その1-

さて、遠征のお話です。

今回(って言っても一月位前になりますけど)、初めて行く撮影地は、梅ヶ瀬渓谷。

千葉県の養老渓谷の一つです。(多分^^;)。

ここ到着するのが大変でした。

現地近くの渓谷付近でナビが突然狂ってしまい、グルグルグルグル梅ヶ瀬渓谷周りを1時間以上走り迷ってしまいました。

そういえば、この間もナビが狂ったんだよな。外部GPSアンテナを付けようかな。



そして、やっと専用駐車場があるハズの場所に到着したのだけど、そこはただの空き地。

「おっかしいなぁ」と思いながら、この辺りをウロウロ。

たまたま通りかかった地元の人に聞くと、その空き地が紅葉の時期に専用駐車化するとのこと。

「・・・なんだよ。ここでよかったんだ。」

かなーーーりロスタイムして渓谷入りです。


梅ケ瀬渓谷
薬師例会に持って行ったかな~り日が高く昇った写真を見て米先生が「何時に渓谷入りましたか?」って質問。

スルドイ!と思いつつドキマギしながら「・・・7時頃です。」って言いましたが、、、ウソです。

8時は過ぎてました m(_ _;)m。(←先生見てないと思うけど)。



梅ケ瀬渓谷
すっかり明るくなってしまったけど、初めての横ヶ瀬・・・梅ヶ瀬渓谷。

長靴履いて川入る気マンマン。ハスキー3Dヘッドデビューでウキウキです。

ところで、梅ヶ瀬渓谷ってどうしても横ヶ瀬渓谷と言ってしまう。実は、例会の前日まで横ヶ瀬渓谷だと思っていた(汗)。

前日に気がついて良かったぁ。


梅ケ瀬渓谷
お天気のお空と緑が川に映りこんでいました。

アチコチ歩きまわって、写り込み中心に写真を撮った一日でした。



梅ケ瀬渓谷
この渓谷、川の横に人が歩く道があるのだけど、ずっと川の中をジャブジャブ歩いていました。

川を進めない時だけ陸に上がって、また下ってジャブジャブ。

レンズやカメラを落とさないように慎重に慎重に。



梅ケ瀬渓谷
前回の海沢渓谷もそうでしたが、お天気が良いと写り込みがとても綺麗ですね。

上も下も緑一色でした。

ハスキー3Dヘッドも取り扱いが楽で、望遠でも力を入れずにピタって止まる。

撮影道具が使いやすいと、快適なロケができますね。


まだ続きますよ~。

写団薬師東京教室 初受付!

写団薬師東京教室写真展
先日、受付当番だったので、富士フォトギャラリー調布へ行って来ました。

おかしいかもしれませんが、薬師の写真展に参加して受付に座る日をずっとずっとず~っと待っていたのでした

生憎の雨でお客様は沢山来なかったけど、来て頂いたお客様は皆様じっくり見て下さってました。


受付には、自分だけではなく薬師の先輩や教室の仲間達と一緒。

普段、月に一度の例会でしか顔を見ることができないので、色々お話できてとっても楽しく勉強になった日でした


でも、自分の作品の一つがブレていたのかピントが入っていませんでした。

『ま、風景写真撮り出す前の作品だから仕方ないもん。薬師に入るず~っと前だからいいんだもん。』

そう言い聞かせていますがガッカリ。早く撤去したいです

全紙サイズにするとアラが目立ちますね。今まで以上にブレに注意します。



写団薬師東京教室写真展 
とてもお気に入りのこの書体。

前川先生お知り合いの、書道家さんの作品だそうです。

これ、薬師のロゴにできないかなぁ。ピッタリだと思うのだけど。

写真展は6/8(水)まで続いております。

私のブレ写真を見て笑って下さい。・・・・うぉぉぉぉっ!
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。