御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真データHDDのメモ

奥日光
先日いった奥日光・・・早くリベンジしたいなぁ。

写真データが晴れて1TBを越えたので2TBのHDDに換えました。しかし安くなったもんですね1万円しませんでした。

自分の備忘録を兼ねて書いときます。

買ったのはWD20EARS 2TB SATA300。

このHDDはXPで使用する時、7-8番ピンをジャンパでショートさせないと正常に動きません。購入された方は気をつけて下さいね。

またご存じかと思いますが、XPは1ドライブ2TBまでしか認識しません。Win7は大丈夫です。

残容量の1TB、早くイッパイになるように沢山撮ってこよう^^。
スポンサーサイト

御徒町駅北口の今

このブログ、当初は御徒町辺りの情報ブログのつもりだったのですが、最近御徒町辺りの記事を書いていません^^;。

御徒町駅
というワケで久しぶりに御徒町辺りのネタを。

まだ入ったことありませんが、御徒町駅北口のコンコースに「かんげき酒場」という立ち飲み屋さんができています。

ここは、以前からあったお店ではありません。一ヶ月程前に気がつきました。


御徒町駅
ホッピーの横にウルトラマンがいたり、マグカップの下に家具調テレビがあったりと、何やら昭和のかおりがプンプンする雰囲気です。


御徒町駅
そして、おつまみは缶詰らしい。なるほど、だからかんげき酒場なのか~。

料金もかなり安そうです。サラリーマンのお父さん達が、お家に帰る途中でサクッと飲めるお店としては便利ですね。

御徒町に住んでいるので利用するシーンはありませんが、興味シンシンで今度取材してみようと思っています。



御徒町駅
御徒町駅ご利用の方はご存じだと思いますが、今、駅は工事中です。

綺麗になるのですね~。でも、平成23年春までずっと工事しているみたいです。

それは本当に携帯か!?

街
仕事の帰りにヨドバシアキバに寄っるのが日課です(笑)。

色々なカメラやレンズを触るのが楽しい。気になる他社メーカのカメラの使い方憶えたりしてます。

そろそろ携帯の機種変更でもしようかと思い、1Fの携帯売り場を物色していると、Xperiaとかいうスマートフォンに人が集まっています。

自分は携帯デバイスは詳しくないので、説明員のおねいさんから色々説明を聞きました。


御徒町「・・・で、肝心な電話をかけるのは、どうするんです?」

おねいさん「(携帯操作しながら)このモードでかけます。」

御徒町「なるほど~。短縮ダイアル設定は?」

おねいさん「ありません。」

街
御徒町「あ、ないんだ。でも、電話帳からワンプッシュで発信できるから大丈夫かな。」

おねいさん「できません。」

御徒町「・・・ワンプッシュで発信もできないの!?」

おねいさん「はい」

御徒町「じゃ、電話かけるときはどうするの?」

おねいさん「電話帳は簡単に検索できます」

御徒町「そこから自動発信できないんでしょ」

おねいさん「・・・はい」

御徒町「どうやって電話かけるの?」

おねいさん「電話番号をメモして発信モードに切り替えて発信します。」

御徒町「メ、メモ!?」



ホントかどうか知りませんが、もしおねいさんの説明通りだとすると電話なんかかけませんよね。

だってわざわざメモなんかしませんもの。電話帳検索して公衆電話使うだろうな。

勉強になったひとときでした。

tomi師匠の教えで仕事帰りに撮練をしています^^。写真はその中の一部です。

奥日光へ春をさがしに -その2-

201005奥日光2
てくてく歩いてついた所が西ノ湖。実はこれがお目当てでした。

西から東へ向かってレンズを向けています。朝日撮りには良い感じの場所でした。


201005奥日光2
西ノ湖の辺りには倒木が横たわっています。

朝日撮りは良さそうですが、夜中にここにたどり着けるかが問題。

無公害バスに乗らずとも自転車での乗り入れはOKですが、前回の記事のように道が悪く途中ま でしか自転車使えません。

オマケにシカが普通に走っているし。・・・クマもいるそうです^^;。



奥日光2
更にてくてく歩いて、中禅寺湖の西岸を目指します。

保護されているこの辺りの樹々を見ているとホントに癒されます。


20100522西ノ湖~千手ケ浜D200f_16.00069-1
川も流れています。何だか前回訪れた奥入瀬みたいだ~。


奥日光2
癒されるけど、歩けども歩けどもこんな感じ。

段々方向感覚がなくなっていく~(あっ、元々方向音痴か^^;)。

こんな所で道に迷ったらどうしようかと思いながら、てくてく歩きます。ああ、水分持ち歩くべきでした。

はっとして携帯を見ると、やっぱり圏外だし~^^;。


奥日光2
 かなりあるいて中禅寺湖に到着。いや遠かった。

さて、ここからもう一つの場所へ。


奥日光2
この地図の左下(判らないかな)にある、「蓼の湖(たでのうみ)」へ向かいました。


奥日光2
ここはハイキングコースになっていて、またもてくてく歩きます。

山桜が綺麗~。


奥日光2
至る所に芽吹いた光景に出会います。


奥日光2
山を見ればまだ雪が残っています。標高が高いと改めて実感です。


奥日光2
登りのハイキングコースが、更に道が悪くなって細くなっていきます^^;。

蓼ノ湖と思われる湖が、この写真の左下に見えます。

辺りを行ったりきたりしながら、下へ降りる道を探しますが発見できません。

この斜面を降りるのでしょうか^^;。ロープが必要そうだし、体力も残っていません。

諦めて引き返しました。


201005奥日光2
帰りにサバンナ近くの親族の家に泊まり、次の日のサバンナ朝日を狙いましたが、起きられなかったのは言う間でもありません(笑)。全身筋肉痛です。

アウトドアっていうよりかは、サバイバル的になりそうな風景撮りです。

でも、なんか楽しい~。また行こうっと。







奥日光へ春をさがしに -その1-

201005奥日光1

東京はそろそろ梅雨とのニュースが。

今年は寒暖の差が激しくて天気が悪かったり寒かったりと、春を感じることが殆どありませんでした。

「え~。もうそんな時期、春は~!?」とプリプリしてたら、奥日光はいまだ春との情報をキャッチ。

春を満喫していないので、早速行ってさっき帰って来ました。







えっ?このレンズですか。

・・・・・・・・・・・・・知らない人のです(笑)。

奥日光で目撃したので、記念に撮らせて頂きました。


奥日光1
赤沼車庫から低公害バスに乗る地区へ。

ここ、ずっと気になって行ってみたかったのです。自然保護の為、車やバイクは近寄ることができません。

このバスの区域に一度足を踏み入れてみたかったのです。


奥日光1
低公害バスの中から撮りました。

こんな細い道を、普通の大きさのバスが走ります。まるで、テーマパークの様です。ちょっと道が細いんじゃないかしら。

想像していたイメージとかなり違っていました。

そして、写真には撮れませんでしたが、シカがいました。普通に^^;。当然野生です。


奥日光1
バス停はありますが、言えば好きな所で降ろしてくれます。

これは、タチツボスミレ。小さく、あちこちに咲いていました。


奥日光1
森林浴!マイナスイオンで癒されながら歩いていると・・・。


奥日光1
こんな道も出現してゼイゼイ。


奥日光1
新芽だ~。ちょっとピン甘いけど気にしない~。


奥日光1
キノコがぶら下がっているみたい。


奥日光1
樹も色々な形があり、撮る欲求をくすぐります。


奥日光1
スパイダーのように絡まった枝。ホントに自然にこうなるのだろうか。


奥日光1
樹々に包まれているようで、気持ちが暖かくなってきます。


奥日光1
倒れた樹なんだけど、暫く見ていたら右足一本でバランス取っている人に見えてきた~。もうそれ以外何物にも見えない(笑)。

もう少しあるので、次回に続きます。

ファインダー覗くのは右目?左目?

カメラのファインダーを覗く目は、右目、左目どちらでしょうか?

自分は左目です。

先日、ふとした会話から「カメラのファインダーは右目で覗くように出来ている」と教えてもらいました。




気になって自分の利き目を確認してみました。

利き目の確認を意識すると、モノが2重にみえて良く判りません^^;

多分、正面の遠いところは右目、近いところは左目、右よりのモノを見るときは右目、左よりのモノを見るときは右目だと思います。




カメラは正面を見ますので、この場合の利き目は右目になります。しかし、自分は左目で覗いています。

私は相当変なヤツですね^^;

試しに右目で覗いてみましたが、違和感ありありです。


テレビに出ていた米美知子先生の映像を見ていたら、米先生も左目でした♪

気にするのやめよっと(爆)。

ひたち海浜公園2010 -チューリップ、その他エリア- ~そして那珂湊

ネモフィラの丘を後にして、去年行かなかった別のエリアへ。

歩いて歩いて歩いて歩いて・・・ヘロヘロです。

ひたち海浜公園2
にょき~。何の植物だろう、キモ悪いかわいさが(笑)


ひたち海浜公園2
トウモロコシみたいでした。しかも焼きトウモロコシ!


ひたち海浜公園2
水分も取らず、延々と歩く歩く歩く。かなり干からびています。

チョウチョ達がお花に集まってる。「ち、ちょっとお兄さんに水分を分けて~。」


ひたち海浜公園2
それでもチューリップのエリアへ行く根性はもっていました。

今年のチューリップ撮りはチャンスを逃していたのでラッキー♪


ひたち海浜公園2
もっとアップで撮れば良かったなぁ。


ひたち海浜公園2
偶然撮れた一枚。多分干からびて、ふら~っとなった模様^^;。


ひたち海浜公園2
キケンを感じて水分&食事をする為、那珂湊へ移動。

ここでは写真を撮らず、那珂湊の新鮮な魚介類を寿司で頂きました。でも、回っているやつ~。

ここでお茶をがぶ飲みしたなぁ。

ひとごごちついた後は漁港の散策へ。


ひたち海浜公園2
このへんはFinePixで取っています。コンデジの方が写り良い!?

ひたち海浜公園2
中途半端なシシャモの写真。何が取りたかったんだろう^^;。

ひたち海浜公園2
「ナマタコアシ」東京では見ることない(と思う)光景~。

そして、帰途につきました。じえぞおさんCerveceríaさんお疲れ様でした~。

ひたち海浜公園2010 -ネモフィラの丘-

ひたち海浜公園1
今年も行って参りましたネモフィラの丘へ。昨年の記事はこちら

昨年は片道5時間かかってしまったので、今回はGWを外し5/8にいってきました。(もう一週間以上前のないようですね^^;)

今回は、ネコ好きCerveceríaさんじえぞおさんがご一緒です。


ひたち海浜公園1
道路は混まなかったけど、GW終了に伴い臨時駐車場が無くなってしまい、駐車スペース待ち渋滞がおきていました。

何とか駐車して、ネモフィラの丘へ急げー!

まずはネモフィラ丘の入口にある鏡面。GWを外したとはいえものすごい人です。


ひたち海浜公園1
定番の位置から。今年はピーカンだったので、空もネモフィラも真っ青で爽快です。この青が撮りたかった~。


ひたち海浜公園1
迷子になっている花とも再会~。


ひたち海浜公園1
去年に比べると、所々まだらになっていました。踏み荒れてしまったのかしら。ネモフィラがかわいそう。


ひたち海浜公園1
気持ちよさそうにお弁当食べている人。自分も食べたい。


ひたち海浜公園1
ついつい目線が行ってしまう。最近屋台のこの肉がとても食べたい。京都に行ったこの時に味をしめたみたい(笑)。

そして、この記事も続いてしまいます・・・。


北へ行け!-最終日十和田-

十和田最終日
最終日は夜明け撮り。でも、十和田湖周辺の天気はドンヨリ~。

この写真D300で撮りましたが、WB太陽光で何も修正していません。実際の色と違い青がとても強くなっています。

ちょっと不気味ですね。


十和田最終日
粘ってもいっこうに晴れずに明るくなってしまいました。十和田湖周辺を探検、探検~。

十和田湖って秋田と青森の両県を挟んでいるのですね。


十和田最終日
お花発見!何の花なんだろう。精一杯生きている感じがしました。

十和田最終日
またイモムシグルグル発見!

十和田最終日
美味しそうな紅いヤツも(笑)。


十和田最終日
うーん上手く撮れない^^;。こんな風景を上手に撮れるようになりたい。


十和田最終日
ひとしきり探検して十和田市内へ向かいました。

十和田市内は弘前と同じく桜真っ盛りです。風が吹くと花吹雪が舞います。


十和田最終日
花吹雪を撮ろうとチャレンジしたけど、これも上手く撮れない^^;。むずかし~。

色んな課題が出てきた旅でした。

またどこかの山へ行って発見してこよう!

「北へ行け!」終わり。


北へ行け!-八甲田、奥入瀬-

八甲田
さて次の日は一番行きたかった八甲田、奥入瀬へ。山はまだ雪化粧~。


八甲田
登ってみると3mほど雪が積もっていました^^;。さすが青森!

横から木の枝が飛び出しいます。木の生命力を感じるとともに、なぜか鼻毛を想像してしまった(爆)。


八甲田
観光スポットの沼に行ってらご覧の通り。どこが沼か判らない~。ダメダこりゃ!


八甲田
でも、八甲田の至る所で木々と雪の素晴らしい光景を見ることができました。

これなんか実際は本当に良かったのだけど、全然だぁ~。APC-Sのカメラの為かウデの為か・・・ウデか。



八甲田
こんな曲がった木を発見!うーんDX用の広角を持って来なかったことを反省!えーーん。


奥入瀬
ひとしきり八甲田で遊んだ後、奥入瀬入りしました。奥入瀬もまだこれから新緑を迎えようとしているところです。

辺りは新芽が至るところに。


奥入瀬
『もっと緑を!』(笑)。絶対もう一度きてやる。リベンジ~。

でも季節外れのおかげで人もまばらです。ひっさしぶりに水の長秒写真を、ゆっくりと撮ることができました。


奥入瀬
銚子大滝~


奥入瀬
雲井の滝~


奥入瀬
川の流れが面白かった。


奥入瀬
足下にはイモムシのような植物が。何だろう?山菜の一種かなぁ。

水の写真を撮っていたら、そろそろ夕方。

さてさて、夕日スポットへ。


十和田湖の夕方
着いたところは十和田湖です。

昼間は天気良かったのだけど、夕方になるにつれドンドン雲って行く~。


十和田湖の夕方
ケムっていて、ぼんやりしている十和田湖。でも、この雰囲気は好きなんですけどね。


十和田湖の夕方
最後にやっと顔を出した太陽。

今日一日ご苦労さまでした。また明日ね~。


と、いうことでまだつづきます・・・。




北へ行け!-白神山地、津軽-

白神山地
次に向かったのが世界遺産の白神山地。自然の宝庫+沼付きなのでワクワクしながら向かったのだけど、冬期道路封鎖で入れず。ガックシ。

辺りをみていたらツクシが。GWなのに、ここは早春なんですね。


白神山地
青森の至る所でこの子を見た。この写真が初めてのご対面。

調べたらふきのとうでした。


津軽
白神山地を後にして次に訪れたのは津軽。

「おぉ~。飛んでる飛んでる。」

えぇ、自分の中の津軽イメージは極寒の日本海に飛ぶ鳥達です。イメージが貧困です^^;。


津軽
辺りを散歩すると単線がありました。五能線だと思います。このローカル線を追いかけて行くのもいいなあ。


津軽
朽ち果てた建物も好き^^。


津軽
さて、戻ってトリ撮り(笑)。 結構なスピードで飛んでいるので難しいです。


津軽
ホントは津軽の夕景を撮りたかったのだけど、予定があり断念。

さて、次の日はどこ行こうかな。つづく。

北へ行け!-弘前-

弘前駅
いきなりのねぶたです。そう、ここは青森。夢で「北へ行け!」とお告げを聞いたような気がしました。

そういえば青森ってまだ足を踏み入れたことのない土地です。思い切ってGWに行って来ました。

またまた数回に渡ってご紹介致します。


弘前駅
今回初めてのチャレンジをしようと思い、夜行高速バスに乗りました。

昔から旅行を殆どしたことがなく、写真を始めたこの数年で昔を取り戻しています^^;。

高速バスに乗ったのは去年が初めてでした。今度は10時間かけて、新宿から夜行高速バスで弘前に行きました。

普通のバスと同じスペースの座席にリクライニングがついたものだったので、長距離乗ると尾てい骨が痛くてタマりません。


朝8:00に弘前に着きました。意外とこぢんまりしているのだなぁ。


弘前駅
駅の中を探検してみると、『CMヒロイン募集』のパンフレットが。

青森滞在中、テレビでも盛んにこの『CMヒロイン募集』を流していました。どうですか、青森出身の人~!


弘前公園
弘前で目指すは弘前公園の桜。うわーすごい! 東京では終わってしまったけど、青森は今が満開~。


弘前公園
これが日本最古のソメイヨシノだそうです。もっと近寄って下から撮りたかった。


弘前公園
お城と桜。やっぱり合うよね~。


弘前公園
キラキラと桜


弘前酒屋
ボートと桜。

桜撮りまくって満足満足。今年の桜撮りはこれで終わり~。又来年ね~!


弘前公園
たか丸くん発見!


弘前酒屋
D3Xを持つおじさまも発見(笑)。

D3Xで撮る桜は、どんな感じなんだろう。手持ちでぶれないのかなぁ。




弘前酒屋
トリを撮りました^^;。

後ろ姿がかわいい。何て言うトリなのかしら。

桜を満喫したので、弘前公園を後にフラフラ彷徨い始めました・・・。


さて、お酒飲みの方に情報を!

弘前酒屋
弘前公園をでて偶然、斉藤酒造店という蔵元を発見しました。そこで購入したこのお酒がとても美味しかった。

鳳凰美田を彷彿させる華やかな辛口のお酒です。



弘前酒屋
蔵元の中の写真も撮らせて頂いたのだけど、普段は公開していないとの事でしたのでブログアップは控えます。

重要文化財になっているらしいその建物の中は、歴史を感じさせる重厚な造りでした。



弘前酒屋

ミニチュアのお酒もかわいい。本物のお酒が入っているようです。

斉藤酒造店はネット販売をやっています。北のまほろば美味いので、興味のあるかたはどうぞ。 ここです


旅はまだ続きます~。



銀座散歩

GWに地方へ出かけましたが、写真の整理に手がつきません^^;

現実逃避で、先日の散歩写真などなど・・・。


銀座D2X
実はD2Xを今お借りしています。銀座ニコンの帰りに試し撮りです。

銀座D2X
銀座D2X
近づいても逃げないハト。怪我しているのかと心配して、暫く様子を見ていました。

ただの日向ぼっこらしかったです。堂々としているなぁ。銀座のハトはドコか違います。


銀座D2X
あぁ広角っていいわぁ(笑)。


銀座D2X
銀座D2X
黒山の人だかりの場所があったので、近寄ってみるとネコ達が。

銀座に散歩するネコは、こんなオシャレをしているのか~。

D2Xって色合いが独特だと思いました。嫌いではありません。ピクチャーコントロールでD2Xモードがある位人気な理由が分かる気がします。

でも、風景写真にはどうなのかな。

暗刻にならないように。

PHOFF
あれこれ考えましたが、やはりニコンで行こうかと(笑)。

色々な方の意見をお聞きしましたが、私の周りでニコンを使っている方が多かったので。

PHのオフ会が一番影響度多かったです^^。

みんなで、ニコンの輪を広げて行きましょう。

・・・でも、気になるペンタとC(爆)。

印旛沼妄想劇場 改題 ペリカンとあひると象徴と。

そして夜明けの時間になっていきます。

夜明け

夜明け
沼で迎える久しぶりの朝です。

赤の刻、橙色の刻、紫の刻と色が変わっていきます。

色が変わることで印象も変化します。こんなに豊かな表現は、作った光では再現できません。


夜明け
みんな夢中で撮ってます。


夜明け

夜明け前
夜明け
昇る朝日の暖かさがとても心地良かったです。

明るくなると、足下の朝露がとても綺麗でした。これ、トリミングして等倍です。今年はマクロ絶対買うぞ~。


夜明け
ぺりかんのカンタ君。

夜明け
あひる隊長という名のガチョウ。


hiro_gigisさんが新型レンズの描写力に感動していたり、tomi師匠があひるにやられたり、その仕返しにimarin師匠があひると戦っていたり。

独りもいいけど、でも仲間と撮る写真はとっても楽しそうだよなぁ。


夜明け
沼の象徴です。

帰りのファミレスでtomi師匠が、「ペリカンってハト食べるんだよ。」っていう話に軽くショックを憶えました。

あひる隊長大丈夫なのかな・・・(笑)。

hiro_giggsさんimarin師匠tom師匠ありがとうございました。また、ご一緒に撮りに行きたいですね~。

印旛沼妄想劇場 -妄想不発-

気合いをいれてみましたが、妄想がこれ以上できませんので普通に記事を^^;。

でも、前回の記事90%位は実際にあった話です。とても、ファンキーなおばあちゃんでした。


夜明け前
さてさて、印旛沼に着いたのが深夜2時位。行ったのが来るのが少し早かったのか、まだ誰もいません。

こんな月が不気味に光ってました。あっと言う間に月が地表に隠れると、辺りが真っ暗になってしまいました。

昔、強い光を浴び続けたためか、暗いところに弱のです。ライトで辺りを照らしても様子が良く判りません。

しばらく撮っていなかった星を撮るべくしばし格闘。


夜明け前
うっすらモヤっているのが、どうやら天の川らしいです。ディスプレイのゴミかと思いました^^;。

天の川なんて撮れたの初めてです。印旛沼は星撮りにも条件良さそうです。


そうこうしているうちに車の音が。


?  「こんにちは~。」

?  「こんにちは~。」

御徒町「・・・こ、こんちわ。」

真っ暗で誰だか判らない^^;。自分も誰か来たのか尋ねればよいのに尋ねられない。何で黙っているのだろう、アホですね。無口でした^^;。


夜明け前
うっすら明るくなってきて、東の空に光る明るい星が一番綺麗に輝きます。

夜明け前
君はあの・・・。そうやっておとなしくしていれば絵になるのに^^。

夜明け前
久しぶりのブルーアワーの時間帯。やっぱりどんなに眠くったってこの刻が一番好き。

御徒町 『tomi師匠hiro_giggsさんだ。』

明るくなったところでimarin師匠の他、どなたと撮りに来たのか判ったのでした。
皆様すいませんm(_ _)m

次回にまだつづく。

印旛沼妄想劇場 -エピローグ-

それは、御徒町公園での出来事。

やっと天気が良くなった週末。どこか撮りに行きたくなって、ニコン銀座へローパス掃除に行った。

帰りに御徒町公園に寄ると藤の花がとても綺麗だったので、スッキリ綺麗になったカメラで夢中でシャッターを押し続けていた。


「綺麗な藤だねぇ」


話しかけてきたのは、和服に身を包んだおばあさん。


御徒町  「綺麗ですよね。」

おばあさん「いい色の藤だねぇ。あんた、私いくつに見える?若き三代目市川猿ノ助が舞台に降臨したとき、
        藤色の紙テープ投げて以来ずっと追っかけしているわたしゃ85だよ。」

御徒町  「お若いですね、見えませんよ。」

おばあさん「普段からこれ着ていつでも出かけられるようにしているのさ。独りだと気軽だよ。
        生きているうちに楽しまないとね。そういや、ヤンキーズ負けちゃったねぇ。」
 

おばあさんのマシンガントークは止まらない。


おばあさん「ゴジラ・マツーイを手放しちゃったからダメなんだよ。甲子園からずっと追っかけしているわたしゃ
        85だよ。さすがに海外にゃ見に行けない。早くジャイアンツに戻ってくればいいんだよ。」


ジャラジャラさせた携帯の中でひときわ大きい『55』番のキーホルダーを見せてくれた。


おばあさん「ゴジラのホームラン、ドームでよくみたよ。ポーンてまるでピンポン玉が弾けるように飛んでいってな。
        長島監督の頃が一番良かったね。でも原はダメだ。」

御徒町  「何でですか。」

おばあさん「ハラハラするから。」

御徒町  「・・・。」

おばあさん「ガハハ、人間万事塞翁が馬。じゃぁな若者!」

私の肩をバンバン叩いて、嵐のようなおばあさんは去っていった。辺りにいる人達がジロジロ見ていたので、そそくさと自宅に退却。

家で、撮った写真データをチェックしようと再生ボタンを押した。


『データがありません』


ローパス掃除でCFカード外していたのだった。


御徒町「くそ、こうなったら沼に行ってやる。」


独りで行こうと準備していたものの、気になってimarin師匠に連絡。


imarn師匠「今晩何人か集まるよ。来る?」

御徒町「行く~。」


こうして印旛沼へ向かった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。