御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一力

一力
一力
一力
1.食べたもの:ラーメン 600円

2.メン太さ:中、縮れ:なし

3.スープ:醤油

4.具材:チャーシュ小×2枚、ナルト、ほうれん草、長ネギ、メンマ

5.評価(5段階評価)
麺:3.0、スープ:3.5、その他:+0.5と▲0.5、独断総合点数:3.5

6.感想

麺はもっちり感がありますが、シコシコ感が弱かったです。カタめが好きな人はもの足りないかもしれません。
コシはあると思います。

スープは純粋な醤油スープ。魚介系強さはない、臭み取りのショウガも入っていない、昔ながらの東京醤油ラーメンです。

そして、具材にほうれん草とナルトがあります。ナルトが入っていない醤油ラーメンは、ほうれん草が入っている場合が多いのですが、ほうれん草とナルト両方入っている醤油ラーメンは数少ないと思います。
その他+0.5を付けました。
お冷やが出てこないのと、頼まないとレンゲを頂けないのでその他▲0.5を付けました(キビシいかなぁ)。

一力

スポンサーサイト

浅草とスカイツリー

浅草とスカイツリー
以前なら見ることの出来なかった風景。浅草、新仲見世通り越しにスカイツリーが見えます。

この風景を見る度に何故か立ち止まってしまいます。

21世紀になっても何処か懐かしい浅草と、現代の象徴のスカイツリー。このミスマッチが立ち止まらせるのかなぁ。

かつて時代の象徴だった東京タワーは高度成長期幕開けのシンボルだったようです。

自分はそんな時代には生まれていませんが、どこかで見たかもしれない映像の記憶から、その風景が蘇るのでしょうか?


浅草とスカイツリー
スカイツリーが建立して何十年か経った時、この建物は何の象徴、シンボルと呼ばれるのだろう?

デフレとか不景気とか、そんな事を思い出させないシンボルになって欲しいな。

何十年後か経った時は、みんながもっと平等で幸せであって欲しいな。

それを確かめる時代までは生きていられないと思うので、立ち止まってしまうのかなぁ。

博多麺房 赤のれん 丸の内店

赤のれん
赤のれん
赤のれん
赤のれん
1.食べたもの:鶏かやくご飯のラーメンセット 1,100円

2.メン太さ:細平麺、 縮れ:なし

3.スープ:醤油トンコツスープ

4.具材:チャーシュ小×2枚、長ネギ、メンマ

5.評価
麺(5段階評価):3.0、スープ(5段階評価):3.5、 その他(5段階評価):0.0
独断総合点数(5段階評価):3.5

6.感想
カメラを忘れてしまったので、画像小さめです(笑)
セットメニューですが、ラーメンのレポートを。

麺はコシがありかん水のアンモニア臭もありません。
しかし食べ進めていくと次第にノビてしまう感触が判ってしまうのが残念です。

スープは豚骨だと書きたい所ですが、私には醤油トンコツに感じられました。

実はこのお店は、東京に博多ラーメンを持ち込んだ西麻布にあった赤のれんの暖簾分け店です。
西麻布のお店はなくなり、丸の内のこのお店が残っているとのこと。

そんな東京豚骨ラーメンのルーツが醤油+豚骨スープブレンドだったとは、とても興味深いです。
ここの醤油トンコツは、家系に代表される醤油トンコツスープとは全然違います。
とてもさっぱりしていて和風テイストです。
スープを口に運ぶと、まず醤油の甘さが口の中に広がります。
そして豚骨スープのコクのような風味が残ります。

動物臭さはありません。脂っこさもありません。
全体的に優しい味なので、男性の方はちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

また、丸の内なので若干お値段高めです。
丸ビルだから仕方ないかなぁ~。


博多麺房 赤のれん 丸の内店

隅田公園梅まつり 2010

隅田公園梅まつり
今週は早起きを止めて、のんびりフラフラしてました(笑)。なので、夜明け写真はありません。

2/20(土)~21(日)は隅田公園の梅まつりでした。

毎年ここで梅を撮っていますが、梅まつりには一度も行ったことがありません。

お天気が良いので行ってみました。

印象に残った順から紹介していきます。


隅田公園梅まつり
芋煮(笑)!

いきなりですが、これが一番良かった。ごま油の風味とゴボウ出汁がとても美味かったぁ。

梅まつり会場の中に全国各地の名産品ブース(出店?)があり、地元の方々が集まって色々なものを販売していました。

これは山形のブース。350円でした。


隅田公園梅まつり
続いて、これも山形。お団子です、300円。

ちょっと団子の写真に見えませんね^^;

ほのかに甘いお餅に、甘しょっぱいタレがついてます。シンプルで素朴な味が文句なしに美味い!


隅田公園梅まつり
芸大の学生さん達がお琴と尺八の演奏をしていました。

ここでは、和菓子と抹茶を頂きました。写真撮る間もなく消えてしまった^^;

まずお菓子を食べて、甘くなった口直しに抹茶が出てくるのが作法らしく、お菓子を食べてしばらーーーくしてから抹茶が出てきました。

両方一緒に出てきて、『抹茶で苦くなった所をお菓子で甘くして、甘くなった所でまた抹茶で苦くして・・・・』が御徒町流作法なんだけどなぁ。


隅田公園梅まつり
「そう言えば梅の写真撮ったっけ?」

名産品ブースをウロウロしていた時に気がつきました。

最近暗い所や寒い所にばかり行っていたので、暖かな日射しの中美味しそうな香りに釣られて、ぽかぽかウキウキです。

『パシャッ』

山形の団子を片手に握りしめてテキトーに撮った一枚。文字通り『花より団子』なひとときでした。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

久々に面白い本に出会えました。

初めて野球部のマネージャーになった女子高生が、初めてなので書籍で勉強しようと間違えて買ってしまった『マネジメント』。このようなストーリーで始まっていきます。

この本の一番の特長は、面白い物語を読みながらドラッカーの『マネジメント』が短時間で学べてしまうということです。以下、この本を通じて学んだことです。

-自らの組織に特有の使命を果たすこと
自分の事業を定義する。その際『顧客は誰か』を明確にする。事業の定義ができたら事業の目標を決める。

-仕事を通じて働く人を生かす
ただ事業の目標を遂行すれば良いだけではダメ。働く人達の強みや欲求を理解して、やり甲斐のある仕事をしてもらい『人を生かす』。

-自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する
『自分達だけが良ければ・・・』ではない。社会に貢献して初めて自分達も生きる。

そしてマネジャの資質についてドラッカーはこう言っている。
『・・・始めから身につけていなければならない資質が、一つだけある。才能ではない。真摯さである。』



『人を生かして社会に貢献する』とても感銘を受けました。マネジメントのキモですね。そして、自分の『真摯さ』はとても怪しいと思いました(笑)。

ストーリーが複雑でなく文体もとても読みやすいです。ドラマ性もあり物語としても、とても面白い。ドラマツルギーがとても秀逸な力作だと思います。

きっと一気に読めてしまうと思いますよ。

カモとハクチョウの沼

さて、沼から向かった先は管生沼。地図で調べて初めてその存在に気がつきました。

まずは、リサーチリサーチ!

茨城県自然博物館茨城県自然博物館茨城県自然博物館
しかし、管生沼の周辺にはたどり着けるものの、畔に中々到達することができません。

畑のあぜ道で車を泥だらけにさせながら到達した先は茨城自然博物館。有料のこの施設からは沼の湖畔に辿りつけます。

でも、夜明けの時間はやっていません。


茨城県自然博物館

施設の中に入らず建物の上が無料の展望台になっています。ここなら眺めが良さそう。でも、霧でよく見えない~。

そう、前回の沼も濃霧にやられました。車で移動中はとっても良いお天気だったのですが、管生沼に近づくとまた霧に遭遇です。

この日は、水の近くは霧ばかりです(泣)。

施設の方に色々聞いて回っていると、この辺りは毎年白鳥が飛来して来るとのこと。

そのポイントを教えて頂き、行ってみることにしました。


天神山公園

施設から北へいった天神山公園。ここに白鳥達がいました。しかしすごい数!しかも野生!(当たり前)。


天神山公園
一緒に鴨達が棲息しています。寒いのか、みんな丸くなっています。ジッと見ているととてもカワイイ。

天神山公園

白鳥達がおしゃべりしていました。まるで井戸端会議のように賑やか!

白鳥たちの顔が真っ黒なのは、水に潜ってエサを採っているからです。動物園でみる白鳥とはちょっと違いますね。


天神山公園
アオサギ来集~。あっ汚れがぁ~。


天神山公園天神山公園
天神山公園天神山公園

「秘技、ハクチョウモグリ!」なんちゃって。


天神山公園

真ん中にいるグレーの毛の子は、まだ子供の白鳥らしいです。分かるかなぁ、白とグレーが分かりづらい^^;

子供なのに大人と一緒に渡り鳥しているのですね、すごいです。


天神山公園

まるでボールのようなカモさん発見。ホントじっと見ているとかわいい。


天神山公園

オマケにこちらをずっと見ているし。本当に連れて帰ろうと思ってしまった。

こんなにカモさん好きだったかなぁ。

もう、『鴨南蛮』なんて食べません。『鴨せいろ』も注文しません。『鴨がネギ背負ってくる』なんて絶対に言いません!


天神山公園
一角をパノラマ写真にしてみました。

東の方角は向かって左の方。このシチュエーションの夜明けってどうなんだろう・・・微妙・・・。


天神山公園
辺りは霧なのか湯気なのかそれとも雪なのか、ゆらゆらしていました。

夜明けの白鳥もいいかなぁっと思いながら、今回のロケハンは終了です。

朝霧よ今朝はかんべんしてくれ

都内の夜明け撮りスポットを見つけられないまま、今週の夜明け撮りは吸い寄せられるようにいつもの沼へいってきました。

天気予報ではバッチリお天気です。

実際に行って、確かにお天気だったと思います。

が、しかし、but、グローブ・・・。

霧の沼
霧~。それもかなり濃い霧~。辺りは何も見えなかったです。なので、露光時間8分。WBも違った写真が撮れました。

濃霧の時ってWBがかなり迷うのですね。白すぎるから、デジカメ君がパニクるのかな(笑)。


霧の沼
こんな感じです。濃霧さ加減がわかるでしょうか。これはお借りしているD300で撮りました。

この子もWB迷っている~。


霧の沼
日が昇ったと思う時間。でも、太陽は見えない。

空を見るとうっすら青色が見えます。今日はお天気なんだよね~。


霧の沼
一番元気良かったのが、このアヒル(?)。

夜中からずっと鳴いていました。濃霧で最初ペリカンのカンタ君かと思っていました。

人間の近くまで来ています。憎めない顔をして、何かを待っているような鳴き声でした。

危ないから遠くへ行きなぁ~。


辺りは霧ですが、今日はお天気のはず。このまま帰りません!

次いってみよ~。



あらかわ遊園

あらかわ遊園

先週いつものようにロケハンしていたら、偶然観覧車が見えました。何だろうと思い、近寄ってみると『あらかわ遊園』という施設でした。

ローカルなテイストがとてもツボだったので、思わず入ってしまいました。


あらかわ遊園
この日が風が強く、乗り物は全て中止です。ニコニコしながら独りで乗るワケにもいかないので、園内散策と最初っから決めていましたので、問題はありません(笑)。

ここにも、梅の花が。季節は春だなぁ。



特に撮るモノないかなぁとウロウロしていたら、色々な子に遭遇しました。



あらかわ遊園
サル君

あらかわ遊園
トリ君

あらかわ遊園
ウシ君

あらかわ遊園
ウマ君

あらかわ遊園
ミーアキャット君

この子達は御徒町カメラマンに目線をくれました^^。ありがとう~。


そして、まだまだお友達はイッパイいます。


あらかわ遊園
シカさん

あらかわ遊園あらかわ遊園 あらかわ遊園
キジさん                  一球さん                   ハクチョウさん

あらかわ遊園
誰かに似ているアライグマさん

あらかわ遊園あらかわ遊園
ヒツジさんとヤギさん。紙を食べるのはヤギさんだけなのかな。

タマには動物を撮るのも良いですね。癒されました。

通勤スナップ練習

通勤スナップ
通勤スナップ
通勤スナップ
通勤スナップ
通勤スナップ
通勤スナップ

「毎日写真撮っていた方が良いよ~」と言って頂いたり、「写真はスナップに始まりスナップに終わる」と重いご意見を言って頂いたりしてます。

そんな訳で最近は毎日カメラを持ち歩いて通勤途中を撮り歩いているのです。が、『なんだこりゃ』って自分でも思うものを撮っていてビックリしてます^^;

塩漬けにしておこうと思っていましたが、タマには世間に晒さないと本人の為にならないような気がしました。

それでも多少まともなのをアップします。一年後はもう少しまともになっていますように。


毎回何らかの情報提供をしたいと心がけているのですが、これは皆様に有益な情報は何もありませんm(_ _)m。

・・・タマにこんな写真が出てくると思います^^;

からかうあ

からかうあ
友人の情報で「行ってみたい!」と思い訪問したお店です。

ラーメンではありません(笑)。カレーのお店なのです。

ラーメンの他にカレーも好きです。そして、ハワイも好きなんです。

このお店はハワイアンチックなカレー屋さん。行きたくなりました!

からかうあ
食べたのは菜の花とチキンのカレー910円。

からかうあ
このお店ではご飯の量と辛さが選べます。今回は+3辛を頼みました。

からかうあ
ルーはさらさらのスープカレー。スープカレーは器もアツアツです。スープの中に入っている菜の花が、油っぽくないスパイシーなスープとよく合います。

食べるとじんわり体に染み渡って行く感じがします。

『体に優しい』そんな印象を持ちました。

周りを見渡すと女性客が結構多かったです。野菜が美味しい、優しい印象のカレーなので女性に人気なのでしょうね。

からかうあ
BGMで流れている音楽もハワイアン。ふと見るとこんなのがありました。

心の中に余裕を持って行きたいですね~。

ポレポレ・・・(スワヒリ語だ^^;)、アイタペアペア・・・(タヒチ語だ^^;^^;)。
ハワイ語でこの感覚をなんていうのだろう。

からかうあ


舎人公園の夜明け

東京の南側を中心に夜明け撮りのロケハン巡りしてきましたが、未だ新しい場所を発見できません。

ここは考えを改めて、東京の北側をリサーチ。行き着いた場所は舎人公園。東京都足立区にある公園です。


舎人公園の夜明け
今朝行ったのですが、ここから見る今日のブルーアワーはちょっと^^;。
でも、気に入った木があったので良しとしましょう。(ゴーストが出ているし・・・)。

舎人公園の夜明け
結構広い池があります。時間をかけて探せば良いポイントがあるかもしれません。

舎人公園の夜明け
朝日に照らされた木々が色づきます。これだけ見ていると、ここが都内だということを忘れそう。

舎人公園の夜明け
朝日と共に鴨がやってきます。

舎人公園の夜明け
着水して朝ご飯を探しています^^

舎人公園の夜明け
小高い丘を登ると富士山が見えます。手前の山々は何だろう?箱根の山かな。

しつこいけど、ここは都内です。こんな風景が見えるなんてちょっとビックリ!



博多長浜らあめん 錦雲豚

博多長浜らあめん錦雲豚
博多長浜らあめん錦雲豚
博多長浜らあめん錦雲豚
博多長浜らあめん錦雲豚
1.食べたもの:チャーシューメン 750円

2.メン太さ:細、縮れ:なし

3.スープ:トンコツスープ

4.具材:チャーシュ小1/2×6枚、長ネギ、ノリ(小)×1

5.評価
麺(5段階評価):4.0、スープ(5段階評価):4.0、 その他(5段階評価):0.0
独断総合点数(5段階評価):4.0

6.感想

麺はコシがあり、かん水のアンモニア臭がほとんどありません。この位の麺の細さだと最後まで食べ進めると少しのびてしまうのですが、そんな事なく美味しく頂きました。

スープは油っぽさがありません。少しトロッとしたトンコツスープは濃厚さを予感させますが、動物臭さがないトンコツスープです。口に入れるとクリーミーな味わいですが、濃厚な印象はありませんでした。

ここの目玉である、大分の錦雲豚チャーシュは噛みしめると肉の旨味が広がります。
自分的にはこの肉の旨味が好きなので、味付けをもう少し控えめにして頂くとさらに肉の旨味が引き立つと思いました。


博多長浜らあめん 錦雲豚

へたれレインボーブリッジのロケハン

東京の夜明け撮りスポットに行き詰まりを感じながらも、新しい場所を探しにロケハン、ロケハン~。

以前紹介したGoogle Earthでサーチし新木場、東雲、そして芝浦方面にロケハンしにいったのだけど、良さそうな場所はみんな港湾作業の施設。関係者以外立入禁止でした。

それでもしぶとく彷徨っていると、こんな場所に行き着きました。

レンボーブリッジ
「おぉ、これだっ!レインボーブリッジの上なら眺めよさそお! たとえ夜明けは出入りできなくても、夕方ならバッチリかも!」


レンボーブリッジ
ついに発見した喜びではやる気持ちを抑えながら中に入ります。レインボーなセンスがスキ(笑)。

入り口を入るとエレベータがあり乗ってみると一気に7Fへ。

「・・・えっ、7F・・。」


レンボーブリッジ
到着した場所は、レインボーブリッジの中。隣は高速道路です。ビュンビュン車が走っています。


レンボーブリッジ
車の振動でブルブル揺れる橋を歩み出し、ちょっと試し撮り。

・・・これが限界でした。

「ぎゃぁぁぁぁ恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐い恐いぃぃぃぃ。」

ダッシュでエレベータホールまで戻り、エレベータの『↓』スイッチを押し続け、一目散に1Fまで逃げ帰る有様。

そうなんです。高所恐怖症で高いところがダメなんです。

このときに渡った荒川の湾岸道路もコシ抜けそうになった位です。

自慢じゃありませんが歩道橋もダメです。真ん中から折れそうな予感がします(笑)。

ついでに告白するとジェットコースターもダメです。

何故お金を払って恐怖を買うのか、私には理解できません^^;

そしてそして、当然飛行機も苦手です。

離陸と着陸の時、精神を集中させ無の境地に入らないといけません。いつも手に汗びっしょりかきます。

もしかしたら、みんなの念力で飛行機は飛んでいるのではないかしらと思うときがあります(笑)。


・・・へたれの自慢しても仕方ありませんね。気を取り直して、周りを歩いてみました。


レンボーブリッジ
いい感じの建物に遭遇。久しぶりにHDR処理してみました。


レンボーブリッジ
こんな公園が近くにありました。でも、午前8時からしか入ることはできません。夜明け撮りは無理ですね~。


レンボーブリッジ
ここからだと、お台場に伸びるレインボーブリッジの真下を見ることができます。
あぁ、こうやって見ている方が落ち着くぅ~。


レンボーブリッジ
ついでにナナメからも。ここからレインボーブリッジの夜景を撮ってみたいな。


レンボーブリッジ
品川ふ頭の方からやってくるボート。品川ふ頭はどうなんだろう、立入禁止かな。


レンボーブリッジ
マンハッタンを思わせるベイエリア。ピーカンなのに地面へ近づくにつれてグレーになっているのは、カメラの影響ではありません。

高度成長期に比べれば空気は綺麗になったのだろうけど、やっぱり汚れている都会の空気です。

イギリスの湖水地方に行きたいなぁ。


このレインボーブリッジの遊歩道は自転車で通れません。『警備員立ち会いで輪行袋に入れること』って書いてあり、本当にやっている光景を見ました。
歩道が狭いので、通行の邪魔になるのだと思います。ポタリングの際お気を付け下さい。


大きな地図で見る

とんこつらーめん だるまのめ 秋葉原店

だるまのめ
だるまのめ
だるまのめ
だるまのめ
だるまのめ
だるまのめ

1.食べたもの:味玉黒だるま 800円

2.メン太さ:細、縮れ:なし

3.スープ:とんこつスープ

4.具材:メンマ、長ネギ、味タマゴ1/2×1個+1個、チャーシュ(小)×1、ノリ(中)×1

5.評価
麺(5段階評価):3.5、スープ(5段階評価):3.0、 その他(5段階評価):0.0
独断総合点数(5段階評価):3.0

6.感想

麺は割とコシのある細麺です。

今回、黒だるまというマー油がかかっているラーメンを頼みました。

スープは味はあっさりとしています。マー油の濃さにちょっとミスマッチしている感じでした。
マー油の濃さに繊細だと思うスープの味が消されてしまい油分だけ後味に残ります。

どんなスープか判りません^^;ノーマルなとんこつらーめんだと美味しいと思いました。次回はノーマルにチャレンジします!

だるまのめ 秋葉原店




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。