御徒町の周辺

写真の勉強を兼ねて御徒町と私(おかちまち)近辺のことを書いて行きます。コメント大歓迎です!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンチョーの秋、印旛の秋

ネットでお世話になっているimarinさんtomi8さんにリアルで初めてお逢いしました!

そして今回が全て初対面のぽてさんとご一緒に、印旛沼の夜明け撮りに行って来ました。


印旛沼
imarinさんと夜明け撮りの約束をしてから、日々緊張していました。

さらに、今回急遽tomi8さんもご一緒できる事を聞き緊張感はピークに!

出発に備えて仮眠しようと思っても眠れなーい。カチンコチンになったまま出発時間です。


印旛沼
今回は、わざわざ車で御徒町まで迎えに来て頂きました。

右手と右足が同時に動きそうになるのを押さえながら車に乗り込みます。平静さを見せる事だけ必死に集中してました(汗;)。

今までこんなに緊張して演じてた事ありません。役者魂です~。

印旛沼
3人だけの空間から、途中でぽてさんが合流し少し気が楽に(笑)。

ぽてさんが居なかったら、多分沼まで持たなかったと思います。ぽてさんありがとう!(なんのこっちゃ)。

印旛沼
良いタイミングで沼に到着しましたが、写真に集中なんか出来ません。

これまでの素晴らしい写真の数々はどうやって撮っているのか。近寄ってどんな風に写真を撮っているのかジッと見ていたかったのですが、横目で見ているのが精一杯でした。

印旛沼
あっと言う間に日も昇って撤収です。

みんなで朝食タイムを過ごして御徒町まで送って頂きました。

ぽてさん、あまりお話できませんでしたが、ぽてさんの好きな被写体はちょっとツボでした。
今度はぽてさんワールドで撮ってみたいです。


印旛沼
これは、念力で朝日を出させているimarinさん(笑)。

そのimarinさんを後ろからこっそり拝んでいました。

実は、ずっと緊張していたので、お二人に「弟子にして下さい!」って言えませんでした。

この場で恐縮ですが、imarinさん、tomi8さん、師匠と呼んでもいいですか!?

とっても楽しかったひとときでした。お昼にお別れしましたが、興奮の余り夜まで写真撮りまくっていました。その時の記事は、また次回に~。

本当に皆様ありがとうございました。また是非ご一緒させて下さい!
スポンサーサイト

小石川植物園の秋具合

小石川植物園
一週間程前の写真なので少し情報が古いですが(笑)、御徒町近辺の秋具合を確かめたくて小石川植物園に行って来ました。

大分色づいて来ていましたが、もう少しという感じです。


小石川植物園
落ち葉が結構ありました。HDR処理してま~す。


小石川植物園
ワジキキク(鷲敷菊)というお花。この町で発見されたので、この名前がついているそうです。

小石川植物園
もう葉っぱが落ちきった樹木も。


小石川植物園
これは合成ではありません(笑)! どうなっていたのでしょうか!?


小石川植物園
次の年へと繋ぐ命がありました。

11月下旬~12月上旬頃が秋真っ盛りの様子です。タイミング逃さないようにしなければ!


京都フォトトレイル!?-その3-

蓮花寺
そして二日目~!電車に乗って移動です。おおっこれだ!関西は左側が追い越し(笑)!

蓮華寺
蓮華寺
着いた所は蓮華寺。ここはとっても紅葉が綺麗でした。オススメのスポットです。

蓮花寺
室内から見るこの風景が有名なお寺です。


嵐山
そして一気に移動して嵐山へ(笑)。

嵐山
嵐山
一番紅葉を期待していたのですが、これまでに綺麗な紅葉を見過ぎてたので、感動が・・・(笑)。

でも、ものすごい竹林を歩いたのがとっても印象に残ってます。

この辺りで、かな~りへばり気味・・・。


京都町歩き
そのあと錦市場 で帰りの新幹線の食べ物を買おうとしました。

18:00過ぎでしたが、お店がドンドン終っていく~。早く食料を探さねば!

京都町歩き
牡蠣ををさばく職人さん。美味そうだけど、新幹線の中へ持ち込めるか~(笑)。

京都町歩き
おでんも売っていました。

「い、いかん。帰りの新幹線に間に合わない!」

急いでバスに乗り京都駅に向かいました。しかし、観光渋滞で中々駅に着きません。

「ひょえ~。地下鉄だ!」

もう、京都駅までダッシュです。10数キロのカメラバック背負って(泣)。

2分前に新幹線ホームの到着。なんとか乗り込みました。

「こりゃ、観光じゃなくてスポーツだな。」

座席にへたり込んでしばしボー然(笑)。


京都町歩き
これにて「京都フォトトレイル!?」終了~(笑)!

京都フォトトレイル!?-その2-

牛肉エネルギーを補給して、初日はまだまだ歩きます。

今回は全て画像をHDR処理しています。実験実験~。


祇園
祇園の街はこんな風景があちこちに。でも、情緒ある道はものすごい人でした。

魚眼で撮って見ましたが、枠フタ取り忘れてケラレてます(笑)。

祇園
街に合いそうな自転車です。フレームの色がいいなっ。

祇園
脇道は人がまばらです。気のせいか電柱も京風に見えちゃいます。

京都町歩きその1
祇園から離れてふらふらてくてく。あちこちのお店にかぶらがでーんと。かぶらってカブのことなんですね。

京都町歩きその1
一瞬、歌舞伎座かと思いました(笑)。こんな建物があったとは!

京都町歩きその1
そして先斗町へ~。

京都町歩きその1
いい感じの暗さと提灯。お酒が呼んでいるみたいです。

京都町歩きその1
路地発見!思わず撮ってしまいます。

HDRって暗すぎる所はノイズだけが増幅されてあまり良くありませんね。また、建物でHDR処理した方が、味わいのある画像が作成できるようです。

京都町歩きその1
なんで等間隔に座っているのか聞きたい、どーしても聞きたい!それは決まりなんですか(笑)!!


「し、初日は・・・この位で勘弁・・してやるか・・・。」10数キロ背負った背中でゼイゼイ息をしながら、宿に向かいました(笑)。

次は二日目~。

京都フォトトレイル!?-その1-

行きの新幹線
紅葉を探しに一泊二日で京都へ行って来ました。歩きすぎて今日は筋肉痛です~。

お友達のじえさんからD300を借りて、D200&D3002台体制で準備万端です。

眠い目をこすって朝6時過ぎのN700系新幹線に初乗り!グリーン車ではないのに、とっても広々している座席は快適さ120%でした。

天気も良く、窓の外からは富士山が!君の写真もイッパイ撮りたい。


東福寺
まず向かったのが東福寺。秋の人気観光スポットだけあって、ものすごい人の数でした。

ここで枯山水をしばし眺めて「京都に来た~。」と浸りこみました(笑)。

東福寺
これは桜じゃないかなぁ。秋に咲く桜なんてとてもミスマッチでいい感じです。バックに紅葉を撮したのだけれど、ボケすぎて何だかわかりません(笑)。

東福寺
一番綺麗な紅葉でこんな感じでした。紅い葉っぱが大分落ちています。でも、見頃はこれからという情報でした。


南禅寺
次に向かったのは南禅寺。こちらは、東福寺より敷地がかなり広大です。観光客は多いのですが、敷地が広大な為、人混みがなくゆったりと見ることができました。

南禅寺
場所も変わると紅葉も違います。こちらの色付きが好きかな。

南禅寺
南禅寺境内には琵琶湖の水を運ぶ水道橋があります。レトロな水道橋と紅葉が似合いますねー。

南禅寺
どうしてもこんなのを撮ってしまいます(笑)。


八坂神社
まだまだ行くぞー(笑)。次に訪れたのは八坂神社。

あれ、八坂神社の家紋って2つありますね。ウェブで調べてみると、向かって右のが織田家の木瓜(五瓜に唐花)、左が八幡宮の左三つ巴との事。八坂神社は織田家に縁があるのですね。

そしてさらに興味深かったのは、木瓜の形ときゅうりの切り口が似ているので、祇園祭中関係者は食べないそうです。

スケートの織田信成さんもきゅうりを食べないのだろうか(笑)。

八坂神社
これを振って出てきた数字を、受付で申告しておみくじをもらいます。自分もやったら「凶」だったので、即刻結んできました!

八坂神社
本日の昼食。16時位ですけど。「神戸牛が400円~」と呼び込みにつられて食べてみました。

肉の旨さがあり、とても美味しかったです。

エネルギーも補充したし、まだまだ行くぞーーー(笑)!→また明日~。

味噌福

味噌福
味噌福
味噌福
味噌福
1.食べたもの:札幌味噌らーめん 680円

2.メン太さ:中、縮れ:やや有り

3.スープ:味噌スープ

4.具材:メンマ、長ネギ、もやし、チャーシュ(小)×1

5.評価
麺(5段階評価):4.0、スープ(5段階評価):3.5、 その他(5段階評価):0.5
独断総合点数(5段階評価):4.0

6.感想

スープは濃くなく油っぽくなく、しかし薄くありません。色々なスパイスでごまかしているのではない、純粋な味噌スープです。

にんにくとショウガの風味がします。また少し甘めの味です。少しトロッとしていますが、全体的におとなしい感じの味です。

麺はコシの強い玉子麺です。コシの強さと良く練り上げたと思える生地が、弾力のある歯ごたえとなってラーメンの美味しさを演出しています。粉っぽさも全然ありません。

その他は、真摯にラーメンを作っている印象を評価しました。
「あと10秒です。」と麺の茹で時間のかけ声と共に、スープや具材を用意して、そして丁寧に湯切りして盛りつけます。一連の動作の中にラーメンへの愛情が感じられました。

北海道ラーメン味噌福


東京大学本郷キャンパスのお散歩

東京大学本郷キャンパス
ポタリングしながら東京大学本郷キャンパスへ行ってきました。

一度は入ってみたい東京大学。見学できるか守衛のおぢさまに聞いてみました。

おぢさま曰く、建物の中に入らなければ手続きは特に必要なく、見学自由とのことでした。

おお、さすが国立大学。国民にやさしいーーー。早速中へ入って探検探検。



東京大学本郷キャンパス
東京大学本郷キャンパス
古い建物が雰囲気を出しています。とても落ち着いた時間が流れていました。

ここから日本の頭脳が数多く輩出されているのですね。


東京大学本郷キャンパス
東京大学本郷キャンパス
少し歩くと、キャンパス内とは思えない自然がイッパイあります。

ここは文京区ですよね!? 一気に都心から別の場所へワープしたような感覚です。


東京大学本郷キャンパス
さらに奥へ入っていくと三四郎池があります。これがとても見たかった!

ここは心字池という名前がありますが、夏目漱石の小説「三四郎」の舞台になったことから、三四郎池と呼ばれるようになったそうです。

決して姿三四郎と関係がある訳ではありません!(ポリポリ^^;)。

東京大学本郷キャンパス
東京大学本郷キャンパス
東京大学本郷キャンパス
三四郎池を囲んで、おぢさまおばさま達がハイソな会話を楽しんでいました。

こんなに緑豊かマイナスイオン満載の場所でお勉強できたらなぁ。・・・きっと、写真ばっかり撮っているのだろうなぁ(笑)。

どこからかカワちゃんの声も聞こえました。


東京大学本郷キャンパス
三四郎池を後に他の道を歩いていると、落書きが。南部は無学なのか。なんのこっちゃ。


東京大学本郷キャンパス
これがウワサの安田講堂です。思ったより小さかった。


東京大学本郷キャンパス
学食発見。結構バリエーションがありますね。

建物の中へは出入り禁止だったので、学食へは行きませんでした。食べたかったなぁ。


東京大学本郷キャンパス
東京大学元総長の濱尾新(はまおあらた)像。威厳があります。

晩秋の本郷キャンパスもとっても雰囲気が良さそうです。来月辺りまた再訪したいと思います。

・・・あっ、赤門撮るの忘れた!

上海家庭料理天天

上海家庭料理天天
上海家庭料理天天
上海家庭料理天天

1.食べたもの:坦坦麺 700円

2.メン太さ:中、縮れ:なし

3.スープ:坦々スープ

4.具材:水菜、長ネギ、チャーシュ片×数個
5.評価
麺(5段階評価):3.0、スープ(5段階評価):2.0、 その他(5段階評価):0.0
独断総合点数(5段階評価):2.5

6.感想
スープはとても薄く、坦々麺の風味しかしません。薄い味噌ラーメンスープに坦々麺の風味を少し入れたという感じです。

麺は、これも味噌ラーメンに入っているような中太麺です。コシは割とあり美味しく感じました。

坦々麺ではなく、味噌ラーメンを頼めば美味しそうです。

坦々麺は四川系の料理なので、上海では苦手だったのでしょうか。

ここは駅に近く、料金が安めなので利用しやすいお店だと思います。今度は別の料理を頼んで、もっと確認してみます。


上海家庭料理 天天


暁埠頭公園の夜明け

今日、暁埠頭公園で夜明けを撮りました。現像したてのホヤホヤですぅ。

昨日天気が悪かったのですが、今日は快晴の天気予報。昨日のうちにロケハンして、準備万端で行って来ました。


暁埠頭公園の夜明け
行ってみると、釣り客の竿がひしめいていました。昼間のロケハンとは違った光景です。

セッティングして、待つこと30分。お空は群青色からだんだんオレンジに変化してきました。

このひとときを、夕暮れ時のマジックアワーと対比して、ブルーアワーと呼ぶそうです。


暁埠頭公園の夜明け
海の色もオレンジと群青色に染まっています。見た目はもうちょっと綺麗だったのですけど^^;。


暁埠頭公園の夜明け
対岸の島で休んでいるクレーン達。なぜか日の出に良くマッチしていました。


暁埠頭公園の夜明け
ここまで太陽が昇るまで1時間位ありました。すっかり冷え切った体に、穏やかで暖かな太陽の光がじんわり。とても心地良かったです。


暁埠頭公園の夜明け
日の光で輝き出した、遠く向こうに見える飛行場です。

この写真はHDR処理をしましたがノイスがひどい。難しいぞHDR。



暁埠頭公園の夜明け
三日月もせっかくなので望遠で。すごい、月の形が見えます。デジカメって賢いんだなー(笑)。


今日行った場所は、ココ。

大きな地図で見る

聖路加ガーデン展望台の夕日

聖路加ガーデン展望台
先日、聖路加ガーデン展望台に行って来ました。ここは、夕日スポットとして人気があるようです。

望遠レンズと三脚は使用禁止との張り紙がありました。望遠レンズは残念ですが、ガラス手前に奥行き40~50cm、高さ1m位せり出しがあります。ここを使えば三脚は不要です。


聖路加ガーデン展望台
段々日が沈み出しました。ちょっとガスっています。


聖路加ガーデン展望台
晴れていれば夕日のシルエットになって、この方角に富士山が見えるようです。今日は見えません~。残念!


聖路加ガーデン展望台
ぁぁぁあああ~、沈む~。秒単位で日が沈んで行くのがわかります。連写、連写、連写~!


聖路加ガーデン展望台
夜明けと同じ位好きなのが、夕日が沈んだ後のマジックアワーの時間。ガスって無かったらもっと綺麗だったかな。

聖路加ガーデン展望台は無料ですので、お気軽に行けますよ~。

火の国らーめん てっぺん 上野

火の国らーめんてっぺん
火の国らーめんてっぺん
火の国らーめんてっぺん
1.食べたもの:らーめん 650円

2.メン太さ:細、縮れ:なし

3.スープ:トンコツスープ

4.具材:メンマ、キクラゲ、長ネギ、チャーシュ(中)×1

5.評価
麺(5段階評価):3.5、スープ(5段階評価):3.5、 その他(5段階評価):0.0
独断総合点数(5段階評価):3.5

6.感想
ここは熊本ラーメンのお店です。

熊本ラーメンは、以前本場熊本で、焦がしニンニクチップ入りを食べたことがあります

ここのスープはニンニクチップではありませんが、ニンニク風味がほんのりと漂う焦がし油が入っています。この程度のニンニク臭さなら気にならないと思います。

スープはその焦がし油がアクセントとなっているのが特徴です。スープそのものは動物臭さもなく、焦がし油もイヤな油っぽさがありません。

見た目が黒いのでギトギトっぽい印象を与えますが、印象よりあっさりしていました。

麺は、コシが強い細麺です。ほんのり、かん水の臭いが漂いますが気にならない程度でした。

熊本で食べたラーメンを思い出しました。お店にもよると思いますが、私が食べた本場熊本のラーメンと感じはほぼ同じです。

トンコツラーメンって、博多で食べるものと東京で食べるものは全然違いますから、ちょっとドキドキでした。

火の国らーめん てっぺん 上野

若洲海浜公園の朝

最近、日の出や日の入りを撮りたくて仕方がありません。

東京の良いスポットをネットや書籍で探していましたが、良い情報がありません。

「無いのなら足で探してみよう。」と思い、早速出かけました。

若洲海浜公園の朝
若洲海浜公園の朝
若洲海浜公園です。天気予報は晴れでしたが、雲があり日の出は拝めません。おてんとさんよ~。

見栄えだけでも良くしようと思い、写真はHDR処理しています。HDRはまだ初心者なので、慣れてきたら記事に纏めようと思います。


若洲海浜公園の朝
岸壁には学生が書いた魚の絵があります。和みますね~。


若洲海浜公園の朝
夜明け前から釣り人達が何人もいました。良かった、怖くない~。


若洲海浜公園の朝
スズメも岩場で遊んでいます。人に慣れているのかな。近寄っても驚かないのです。

比較的暖かなので、とても気持ちよかったです。

天気の良い時にもう一度リベンジしてきます!

印旛沼でペリカン発見!

印旛沼
この記事で頂いたコメントの情報から、印旛沼へ行って来ました。
毎度imarinさん、ありがとうございます。

印旛沼は初めての場所です。印旛沼と聞いて思い出すのは、長島茂雄氏の地元(佐倉)の近くという位の知識しかありません。

この日はお天気がとても良く、水面に写る雲がとても綺麗でした。


印旛沼
珍しい鳥でもいるのでしょうか、双眼鏡を持ったおじさま達数人を見かけました。カワちゃんが居そうです。


印旛沼
お目当ての撮影スポットを確認して、ホッと一息。おもむろに辺りを見回せば、外灯らしきものは全くありません。やはり、夜明けは真っ暗でしょうね。こ、怖そうです~。


印旛沼
さて帰る前に、最後にもう一度沼の写真を撮ろうとしたら、目の片隅に見慣れぬ水鳥が。

「白鳥か?いや違う、くちばしが長い。あのフォルムは!・・・ぺ、ペリカン!?

慌てて撮ったので、写真が曲がっています。しかも70mmしか持っていなかったので、とても小さい。


印旛沼
100%表示でトリミングしました。ペリカンですよね!?

後で調べたら、カンタ君という名前までついているモモイロペリカンでした。

印旛沼とペリカンなんて想像つきません。あービックリした。コシが抜けるかと思いました(笑)。

この時期の印旛沼は、ヌカるんでいなく長靴なしでも歩けました。虫もいなく、ジメッとした感じもありませんでしたよー。

谷中の街まち-その2-

昨日の続き。谷中の街撮りです。


谷中-えいえもん
谷中-えいえもん
えいえもんさんは、自転車に鞄や小物たちを乗せて谷中を移動販売しています。

この自転車、Made in 茅ヶ崎の特注品。昔ながらのフラットなハンドルとベルが渋い!

街撮り中に違う場所で2回も出会ってしまいました~。


写真の鞄や小物はすべてえいいもんさんの手作り品。材料となる帆布は、えいえもんさん出身の滋賀県のものです!

素敵なえいえもんさんの作品の詳しい情報はこちらから!インターネットからも注文できるようです。


p.s
記事内容に誤りがありました。
この自転車は、滋賀ではなく茅ヶ崎にあるのサイクルボーイさんの手作り品です。
記事内容を訂正致しました。





谷中-葉っぱ
歩いていると色々目についてしまう。


谷中-間間間
間間間と書いてサンケンマと読みます。一週間で色々なお店に変わります。

このロゴがいい味出してます。


谷中-原っぱ
谷中で原っぱを貸している「音地」(おんぢ)。ふらっと覗くと色々なイベントをやっています。

この日は、写真を売ってました。新しい谷中らしさを感じる好きな場所です。


谷中-屋根
以前撮った景観賞を受賞した壁の上から芽が出てきていました~。たくましい生命力!


谷中-乱歩
ちょっと疲れたので乱歩゜で休憩。目鼻立ちが整ったお店の猫さんが人気者です。


谷中-えんとつ
煙突までもがかっちょいい。


谷中-ガラス
何度か通った喫茶店がいつの間にか空き屋になっていました。

残されたのはシールだけ。


HDR写真
日もとっぷり暮れたので、この小路に戻ってきました。

本日の撮影はこれでおしまい。仲間の一人TKさんも合流して、ここから先は谷中の夜編です。


谷中-酒場
「お客様、お値打ちモノでございます。」こんなのが酒場に置いてありました(笑)。

こうして回ってみると谷中ってホントに面白い街です。

もう少しテリトリーを広げて「谷根千」辺りでスナップ撮ってみようかな。

谷中の街まち-その1-

日暮里の北口にある谷中は、私が頻繁に訪れている街です。しかし、まともな街撮りをしたことがありません。

最近街撮り練習しているので、ここはひとつ行っとかねばと思い立ちました。谷中のプロCerveceríaさんと谷中散歩初デビューのじえさん3人で、谷中の街撮りです。


谷中-こみち
いきなり飲み屋の写真から(笑)。

何を隠そう一番撮りたかったのはココ。谷中でお世話になっている飲み屋の小路です。

路地好きなので、たまらない風景です。

やさしく、味わい深く、ディープなお店が並んでいます。ここの常連さん達は個性豊かな方々が多く、
楽しくお喋りしながら、ついつい飲み過ぎてしまうのです。


谷中-だんだん
まず向かったのは、谷中で有名な夕焼けだんだん。ここからみる夕焼けはとても綺麗なんです。


谷中-谷中銀座
谷中-谷中銀座ねこ
夕焼けだんだん下の谷中銀座は、休日になると人、人、人。

味わい深い下町商店街の雰囲気が、訪問客を誘うのでしょう。テレビでも人気のメンチ求めて、長蛇の列です。

そんな人達を、屋根から猫が見守っています。


谷中-ねこ
そう、谷中は猫の街です。でも、この日は簡単に出会えませんでした。

やっと出会えた猫さんにレンズを向けたら、思いっきり睨まれてしまった(汗;)


谷中-ムーミン
谷中はお寺も多く、神様やお地蔵様の彫像を見かけます。

むぅ。布袋様のお腹はムーミンだったのか・・・。


谷中-のこぎり
谷中で有名なのこぎり屋根。これはどう撮ればいいのだろう、うーん。


谷中-ベーグル
へび道の中程にあるベーグル屋さん。ベーグル焼き上げの時間になると長蛇の列になります。

このときは焼き上げの時間ではなく、人は並んでいませんでした。


谷中-へび道
そう、くねくね曲がったへび道を撮り忘れて、提灯だけ撮りました。

これ見たら、反射的に連写してしまった。飲み屋さんの提灯かな。


谷中-カエル
お店のロゴのひとつひとつが面白い。

谷中-看板
今度行ってみたい、讃岐うどんのお店根の津。この辺りは根津の辺りです。

これで半分!続きはまた明日~!

第二東京タワー(スカイツリー)と三連勝ランドナーとゼウスとるんるん

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

アメ横の朝

御徒町の朝撮りに続いてアメ横の朝撮りに行って来ました。

普段あまり見ることのないアメ横の朝の風景です。御徒町に住む地の利を生かして撮ってきました。

アメ横朝撮り
アメ横VS上中!ゆっくりとこの場所から撮って見たかった(笑)。

アメ横朝撮り
アメ横朝撮り
朝は歩く人もほとんどいません。ひっそりとしています。

アメ横朝撮り
「定置スルメ」ってなんでしょうか?いつも置いてあるスルメっていう意味なのかなぁ。

アメ横朝撮り
名物!チョコレートの重ね売りもお休みタイム。

アメ横朝撮り
アメ横朝撮り
活動開始まで熟睡。zzz

アメ横朝撮り
どこかの事務所みたいですね。看板がなければなんだか判りません(笑)。

アメ横朝撮り
手前にあるのは新聞です。説明しないと判らない写真ですいません(泣)。

むぅ、それにしてもスナップは難しいですね。もっと練習しなければっと!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。